DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~

DTM・作曲初心者入門講座。音楽理論・ギター・ベース・ドラム・ピアノの打ち込み方法。プラグイン。

*

ドラム耳コピの方法とコツ2

      2015/08/13

前回、ドラム耳コピの方法とコツ1で耳コピに対するハードルは下がったと思います。バスドラ、スネア、ハイハット、タムと分けましたが、基本的には全てバスドラと同じです。

何度も何度も聴く、もしくは聴きやすくするの2パターンしかありません。もう自分の力だけで出来る方は読み飛ばしても大丈夫です。

耳コピ2

耳コピは慣れてくると、ほぼ同時に出来るようになりますが、慣れない内は一つ一つパーツ毎にやっていきます。その時おすすめなのが、バスドラの後にスネア、スネアの後にタムをやることです。

バスドラとスネアで全体の大きなリズムを形成しているので、その2つを先にコピーしてしまう方が、全体像が見えやすくなるからです。

タムが終われば金物と言われるシンバルにいきます。最初にクラッシュやサイドのシンバルなど目立つ音をコピーし、
最後にハイハットのオープンとクローズをやれば分かりやすいでしょう。この辺は自分に合ったやり方を試してみましょう。

スネアの耳コピ

スネアはドラムの中でも一番聴きやすい音です。特に説明やコツはありません。とにかくループ再生して聴く事。1小節だけならなんとかなると思います。

もし分かりにくければDAWや楽器で、スネアの音だけをもう一度よく聴き、スネアがどういう音なのかを口で表すとよいでしょう。私の場合は、スネアは「タン!」と跳ねてるように聴こえるので、「タン!」を探すように聴く事で見つける事が出来ます。

あとはたくさんの楽譜を見て、スネアの基本的な使い方やパターンを覚えると、ある程度予測がつけられます。8ビートなら偶数拍の表に比較的多いです。

フィルイン部分も口で言えるくらい聴きこむ事です。「タタタタタン!」でも「タタンタン!」でもいいので、口で覚え実際に打ち込んでみる(叩いてみる)事です。自分がイメージした通りに音が出ていればそのリズムで正解です。

これをフィルイン毎にやっていきす。膨大な量に感じるかもしれませんが、最初が出来ればパターンの応用なのですぐに出来るようになります。

補足

以前学習したベロシティですが、ベロシティも含めて耳コピするのは少々難しいと思います。今は出来る範囲にとどめておきましょう。まずは何の音か分かる事が大事です。

もしベロシティも含めてコピー出来そうなら一緒にやってみて下さい。そこまで出来ればドラムの耳コピはほぼ完ぺきです。

タムの耳コピ

続いてタムの耳コピです。大抵のドラマーは、タムを正確に耳コピすることはありません。バスドラとスネアでリズムをキープしたら後は感覚の部分が多くなるからです。

コピーする場合は、まず音の高低を覚える事。基本的にドラムセットはスネア→ハイタム(左側)→(ロータム(右側))→フロアタムと左の高い音から右の低い音へと並べられています。

その音の変わりようを感覚で掴むようにしましょう。「タカタカトコトコドン」と聴こえれば、左からスネア→ハイタム→フロアと2回ずつタム回しかな?となんとなく分かってきます。

最初の内は「タカタカタカタカ」と全部スネアに聴こえるかもしれませんが、楽譜と何回も見比べてみる事で精度は上がってくる筈です。ドラムの教則ビデオなんかを見て視覚的に覚えるのもよいですね。

シンバル・ハイハットの耳コピ

最後に金物の耳コピです。まず一番聴き取りやすいシンバルからやりましょう。シンバルはスネアと同じくらい聴きやすい音なので、比較的簡単だと思います。

覚えておく事としては、小節の頭、尚且つ展開した時に使用頻度が高いことです。曲の始まり部分や、AメロからBメロに移った時などですね。

シンバルが終われば最後はハイハットです。ハイハットもパターンとして、「チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ」と1小節に8回、「チチチチチチチチチチチチチチチチ」と1小節に16回、「(ン)チ(ン)チ(ン)チ(ン)チ」と裏にくる事が比較的多いです。

正確に聴きとれば間が一つ抜けていたり、「チッ、チチ」と連続で入っていたり、少し厄介なのですが、基本リズムは上記のように形成されています。

それを知った上でコピーすると比較的スムーズでしょう。後はバスドラの時と逆で、EQの低音域をカットしてあげます。

低音域カット
(1~4を下げる。まだ聴こえにくければ5~6を上げてブースト。(分かりやすくするため極端に上げ下げしていますが、本来ここまではしません)

これでかなりハイハットが聴こえるようになると思います。ある程度分かるようになったら「クローズ」と「オープン」も聞き分けられるようになりましょう。では次はドラムの耳コピ練習実践編です。


スポンサードリンク



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

事前準備 耳コピに便利なソフトを導入しよう
事前準備 耳コピに便利なソフトを導入しよう

耳コピに必要なもの 耳コピで一番大事な事ってなんでしょうか?絶対音感?音楽センス …

Sonitus fx:equalizer
ドラム耳コピの方法とコツ1

ドラムの耳コピ 耳コピ準備編を終えましたら実際に耳コピを始めていきましょう。 ま …

ピアノと譜面
コード・メロディ楽器の耳コピのやり方

音楽理論は耳コピ予想範囲を狭くできる ドラムの耳コピが終わったら、次にメロディと …

ドラム耳コピレベル1-4
ドラム耳コピの練習 実践編

耳コピの練習 耳コピの方法とコツ1と2で、なんとなく感覚は掴めたでしょうか?では …