DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~

DTM・作曲初心者入門講座。音楽理論・ギター・ベース・ドラム・ピアノの打ち込み方法。プラグイン。

*

9.ベースの打ち込みとコツ

      2015/08/15

ベースの打ち込みとコツ

ベースの種類と役割を覚えた所で、今回は実際にベースを打ち込んでみましょう。ドラムの項でも述べた通り、DTMの打ち込みではベロシティ(音の強弱)・デュレーション(音の長さ)・ロケーション(発音タイミング)が重要です。

ベースの場合は特にデュレーションに拘りましょう。少し変えるだけでもノリが大きく変わります。

ベースを打ち込んでみよう

ベース音源を呼び出しましょう。(解説画面はsonar x1 LEで行いますが、打ち込みのコツはどのDAWソフトでも共通です。)呼び出し方はドラムの時と同じです。sonar x1 LEでは「Cakewali Sound Center」が標準装備されていますので、

ベースプラグイン

プラグインのinstrumentsから「Cakewali Sound Center」を左の「トラックビューに」ドラッグ、または右上の「Synth」から、

Synth

「プラグインシンセ」を選ぶと、「Cakewali Sound Center」が現れます。

「Cakewali Sound Center」

ここから「Bass」で好みのものを選びましょう。

とりあえず「エレキベース」の「fingered」あたりが良いでしょう。すでに違うベース音源がある場合は、そちらでもかまいません。

ベース8分ド

C3の「ド」に8分音符を打ち込みましょう。打ち込み方もドラムの時と同じです。

ダブルクリック、もしくはMIDIキーボードを使用して、そのまま2小節分ドを打ち込んで下さい。

8分ド2小節

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

これでドを2小節打ち込む事が出来ました。

ただこのままでは、ベロシティもロケーションもデュレーションも全て一定でなんだか平凡です。ですのでそれらに変化を加えてあげましょう。

ノートのプロパティ

ノートをダブルクリックしノートのプロパティを開けます。1つ目の8分でベロシティを「100」、タイムのロケーションは「1:01:000」ジャスト、デュレーションを「170~175」あたりに設定し、(4分音符あたりのティック数480設定です。ティックやノートのプロパティが分からない方はロケーション・デュレーションとは?を復習しましょう)

8分ベロシティ

2つ目の8分を、ロケーション「1:01:255」ベロシティ「90」デュレーションは「175」にしてみましょう。

2拍目以降も同じ発音タイミング・強弱・長さで2小節分作ってみて下さい。

ド2小節

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

変更前と比べ、変更後にはノリやビートが生まれ、人間の演奏らしくなっています。ベース音のみで、今はドしか打ち込んでいないので分かりにくいかもしれませんが、ここにドラムが混ざったり、曲になると大きく変わります。

ドラムを加えて聴き比べてみよう

ベース+ドラム(値変更前)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

ベース+ドラム(ベロシティ・ロケーション・デュレーション変更後)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

もちろんそれぞれの値は決められたものではありません。自分が作りたいノリやリズムによって臨機応変に変えていく必要があります。こればかりは何度も聴き比べて、感覚を知る事が近道だと思います。

まとめ

・ベースもベロシティを意識する。但し、一般的な奏法はドラム程強弱はない。

・ベースではデュレーションが大事。変える事で驚く程違いが出る。


スポンサードリンク



スポンサードリンク


  関連記事

フィルイン
7.フィルインとは?

フィルイン 前回8ビートのパターンで触れたフィルインを今回は見ていきましょう。 …

エレキベース
8.ベースの種類と役割

ベースの種類 今回は土台の要とも呼ばれているベースを見ていきましょう。低音域の為 …

ロケーション2
5.ロケーション・デュレーションとは?

自然な演奏を作る2 前回ベロシティの強弱をつけることで、人間が演奏してるような自 …

分散和音
50.ピアノコード伴奏パターン1

ピアノコードの伴奏 1日目から今まで、ピアノ系シンセでコードを打ちこんだ時は、全 …

ノートのプロパティ
4.ベロシティとは?

自然な演奏を作る 前回の拍子とビートで、簡単なリズムは理解出来たと思います。今回 …

ヘッドフォン
40.DTM初心者の手引き

DTMの手順 音楽理論を学んだ所で今回から実践編に入りたいと思います。音楽を制作 …

ドラム譜
6.8ビートのパターン

8ビートのパターン お疲れ様でした!必要最低限の前知識を全て終えました。今回は具 …

拍子
3.拍子・表拍裏拍・8ビートとは?

拍と拍子 今回は拍子とビートについて見ていきましょう。まずは「拍」です。 「拍と …

ベースルート弾き
10日目 まとめ1

まとめ1 今まで学んだものを振り返ってみましょう。 これだけの事を学んできました …

no image
50日目~ 編曲(アレンジ)ピアノ打ち込み

作曲部門の次は編曲(アレンジ)です。 作曲部門ではメロディとコードについて学びま …