DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~

DTM・作曲初心者入門講座。音楽理論・ギター・ベース・ドラム・ピアノの打ち込み方法。プラグイン。

*

15.半音と全音

      2015/08/16

♯(シャープ)と♭(フラット)

 

音名

音名は「ドレミファソラシ=ハニホテトイロ=CDEFGAB」と説明しましたが、音は7つだけではありません。鍵盤を見てもらうと分かる通り、上記の音名は全て白鍵盤です。鍵盤には黒鍵もあり、これらにも音名があります。

それが「♯(シャープ)」「♭(フラット)」です。
日本語では♯を嬰(えい)、♭を変(へん)とも呼びます。
これらは♯=半音上げる ♭=半音下げるを意味しています。

五線譜上でのシャープとフラット

調号

次に♯と♭が五線譜上ではどのように書かれるか見ておきましょう。

五線譜上では使い方が2種類あります。

一つは上図のように調号と呼ばれる使い方で、音部記号の右横に書きます。調合と言われてもよく分からないと思いますが、これは次回「調」を学習する上で重要になります。今はそんなものがあるんだなーくらいに覚えておいて下さい。

調号は書く位置が決まっており、♯一つの場合はファの音に書きます。最初にそう指定する事により、今後特別な指示がない限り、ファの音はファ♯で弾きましょうと意味します。

シャープ

こちらは臨時記号と呼び、音符そのものにつけます。♯♭ともに音符左側に付けます。臨時記号は1小節内有効で、臨時記号登場以降は同じ小節内であれば、♯や♭が記されてなくても半音高く・低く鳴らす事を意味します。

同じ小節内で臨時記号を解除したい場合は、

ナチュラル

ナチュラルという記号を使用します。

半音と全音

フラットとシャープ

♯=半音上げる ♭=半音下げるを意味していました。つまり黒鍵は白鍵の半音高い音・低い音を鳴らすものです。Cより半音高いC♯。これはDから見た場合半音低いので、C♯=D♭といいかえられます。(異名同音と呼びます)

鍵盤を見て分かる通り、EとFの間とBとCの間には黒鍵が存在しません。つまりE♯はありません(E♯=Fといえなくもないですが)。これらは鍵盤楽器だけでなく全ての音楽に共通するもので、CとC♯の関係は半音の関係なんです。

ではCとDの関係はなんと呼ぶのでしょうか。それが図に書いている全音です。CからDは黒鍵を1つ挟む為、半音が2つ分存在しますよね?半音2つ分で全音の関係となるんです。EからF、BからCは黒鍵がない為、これらは半音の関係になっています。

Cの半音上は?と聞かれればC♯。

Fの半音下は?と聞かれればEとなります。

このように全音半音関わらず、2つの音と音が違う高さの場合、これらの差を音程と呼びます。カラオケで歌った時音程が合わないと表現するのはこれに当たります。

ちなみに、Cから次のCの音程は1オクターブ上といい、1オクターブ内は12の半音で成立しています。(Cから次のCまで数えた数です)

1オクターブ上までの音程を12の音にしたものを「十二平均律」と呼びますがこれは今は覚えなくてもよいでしょう。

全全半全全全半

それよりも大事な事があります。白鍵だけで考えた場合、Cから数えると次のCまで「全全半全全全半」になります。これらは鍵盤が手元にない場合でも頭に白鍵の位置と黒鍵の位置を把握するのにも役立ちますし、今後も度々登場するので、ドから数えた場合「全全半全全全半」は覚えてしまいましょう。

これら半音・全音の関係は音楽理論・コードを学ぶ上で凄く重要になるので、分かりにくい場合はこのように鍵盤楽器で考えると一番分かりやすいと思います。ちなみにギターやベースの場合は1フレットが半音の関係になっています。

まとめ

・♯=半音上げる(日本語では嬰)

・♭=半音下げる(日本語では変)

・これらを五線譜上で使用する場合、調号と臨時記号がある。

・全音は半音2つ分

・Cから白鍵だけを数えると「全全半全全全半」になる。


スポンサードリンク



スポンサードリンク


  関連記事

拍子
3.拍子・表拍裏拍・8ビートとは?

拍と拍子 今回は拍子とビートについて見ていきましょう。まずは「拍」です。 「拍と …

二長調
17.調の法則

長調の法則 長調・短調・音階を見たところで、今回は調を更に掘り下げてみましょう。 …

付点2分音符
12.連符とは?

連符 今回は2日目 音符と休符の長さ(超基本編)にも登場した連符を見ていきましょ …

マイナーダイアトニック
32.準固有和音

準固有和音とは? 前回登場したノンダイアトニックコードですが、もちろんセカンダリ …

ディグリーネーム
21.ダイアトニックコードとは?

ダイアトニックコード 前回はコードについてのお話をしました。これだけ知っておけば …

代理コード
22.スリーコード・代理コード・T・S・D

スリーコードと代理コード 前回はダイアトニックコードとディグリーネームを学習しま …

音符と休符
2.音符と休符の長さ(超基本編)

音符と休符を覚えよう DAWソフトをたくさんいじってみたでしょうか?ここからはド …

カデンツを合わせる
28.カデンツとは?

カデンツ 22日目に少し触れたカデンツを覚えているでしょうか?忘れた方は一緒に復 …

どんぐりころころコード
25.メロディーとコード

メロディとコード 今まで学んだ音楽理論で、作曲の土台であるコードとメロディは簡単 …

G7
29.ドミナントの発展

連用 前回はカデンツを学習しました。しかしカデンツを利用してコード進行を作ってい …