DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~

DTM・作曲初心者入門講座。音楽理論・ギター・ベース・ドラム・ピアノの打ち込み方法。プラグイン。

*

21.ダイアトニックコードとは?

      2015/08/13

ダイアトニックコード

前回はコードについてのお話をしました。これだけ知っておけば作曲は十分に可能です。思いついたメロディに合うコードをあてはめてみたり、コードを先に考えてメロディを作ってみるのもよいでしょう。

ただ作曲初心者の方は、どのコードを使えば気持ちよく感じるのか分からないと思います。そこでその目安となるのがダイアトニックコードです。

ダイアトニックコードとは、各調で主に使用される7つのコードの事です。実は各調には、使いやすいコードが存在しているんです。あくまで目安ですから、そこから外れて作る事も多々あります。

ただこのダイアトニックコードのみで作られた曲も、世の中にはたくさんあるので、この法則を知っておくと作曲の基本的なコツがマスター出来ます。

しかも各調のダイアトニックコードは覚える必要ありません。前回のコードの項と、音階の項をしっかり理解していれば、各調のダイアトニックコードはすぐに導きだす事が出来るんです。

7つのコード

例えば、ハ長調のダイアトニックコードは、下図の7つのコードで出来ています。

Cダイアトニック

一見ややこしそうですが、このコード一つ一つをよく見て下さい。

実はドレミファソラシの長音階にそれぞれ三音目と五音目の音を足したトライアドのコードです。

「D」「E」「A」「B」の4つのコードはマイナーですが、「C」~「B」のコード全てがメジャーコードだと、「D」「E」「A」「B」は黒鍵を使用する事になってしまいます。

ハ長調は基本白鍵ですから、コードといえ黒鍵を使うのは「使いやすいコード」とは考えにくいです。ですからマイナーや(-5)となる事で、白鍵のみのコードが出来上がります。

つまりダイアトニックコードとは音階に合わせたコードなんです。曲に合うのも当然ですよね。しかもこの、「C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(-5)」というのは各調で共通します。

ディグリーネーム

例えば、Dのニ長調の場合は「D、Em、F♯m、G、A、Bm、C♯m(-5)」となります。これらはローマ数字を使用したディグリーネーム(度数表記)という下記の方法で表記されます。

ディグリーネーム

上図はハ長調の場合ですが、「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(-5)」は全ての調共通に使う表記です。このディグリーネームを覚えてしまえば、全てのキーのダイアトニックコードが瞬時に分かります。

Cがキーなら上図のように。Fなら「F、Gm、Am、A♯、C、Dm、Em(-5)」です。

ディグリーネームはこんな時に役立つ

「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(-5)」のディグリーネームは、今後作曲をするとき、コード進行を考えるとき、様々な場面で使用できます。

例えばハ長調の場合、1音目がCのコード、4音目はFのコードですが、へ長調の場合、Fが1音目で、Cは4音目と変わります。同じCやFのコードなのに、調によって何音目かが変わる為、曲に与える効果が変わります。

ですので音楽では「Fコードを使ってFの雰囲気を出す」というのは成立しません。そこでこのディグリーネームを使用し、「Ⅳを使ってⅣの雰囲気を出す」という事が出来る訳です。

まとめ

・調には使われやすい7つのコード、ダイアトニックコードが存在する。

・それらは長音階に第三音と五音を足したコード。

・各調共通で「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(-5)」となっている。


スポンサードリンク



スポンサードリンク


  関連記事

二長調
17.調の法則

長調の法則 長調・短調・音階を見たところで、今回は調を更に掘り下げてみましょう。 …

度数
19.音程と度数(完全・長・短)

度 音と音との隔たりを「音程」とよびました。それら音程は「度数」で具体的に表しま …

Cメジャー
20.和音(コード)

コード コードという言葉を聞いた事があるでしょうか?ピアノ経験者の方なら和音と言 …

G7
29.ドミナントの発展

連用 前回はカデンツを学習しました。しかしカデンツを利用してコード進行を作ってい …

アボイドノート
26.テンション・アボイドノート

セブンスのダイアトニックコード 3度上の音を積み上げていくとコードとなり、現在は …

13.様々なジャンルのビートと音符のアクセント

ジャンル別ビート それぞれ音楽ジャンルには、主体となる音符が存在します。ポップス …

イ短調
18.短音階の種類

短音階 前回調の法則で、短音階は大きく分けて3種類存在すると書きました。今回その …

C△7転回系
27.ボイシングとは?

今回はボイシングを見ていきたいと思いますが、まずは転回形について触れておきましょ …

拍子
3.拍子・表拍裏拍・8ビートとは?

拍と拍子 今回は拍子とビートについて見ていきましょう。まずは「拍」です。 「拍と …

ツーファイブ
30.強進行とは

強進行 音の進行には大きく分けて2種類の進行が存在します。 それが強進行と弱進行 …