DTM・作曲初心者入門講座。音楽理論・ギター・ベース・ドラム・ピアノの打ち込み方法。プラグイン。

DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~

音楽理論

31.ノンダイアトニックコードとは

更新日:

ノンダイアトニックコード

ここまでは全て、ダイアトニックコードを元にコード進行を作ってきました。ですがダイアトニックコード以外は使用してはいけない訳ではありません。

ダイアトニックコードに属さないコードをノンダイアトニックコードと呼び、これらは曲中でも頻繁に登場します。ただ闇雲に使用すると、調から外れた構成音を使用しているので気持ち悪い響きとなります。

そこで、ノンダイアトニックコードを使用する際に活用出来るのが、セカンダリードミナントです。

セカンダリードミナント

セカンダリードミナントとは、前回登場したドミナントモーションをアレンジしたものと考えれば分かりやすいでしょう。

ドミナントモーションはⅤ7→Ⅰへの強進行でしたが、セカンダリードミナントの考え方はダイアトニックコードの「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ7、Ⅵm、Ⅶm(♭5)」のどれかを仮にⅠとすると考えます。(この時mを外して考えます)

例えばハ長調の場合で、ⅥmをⅠと考えましょう。ⅥmはAmで、mを外しますから、Aが「仮のⅠ」となりました。次に、仮のⅠをAとした場合、仮のⅤは何に当たるか考えましょう。

すると「E7」が「仮のⅤ」に当たる事が分かります。このE7がセカンダリードミナントコードと呼ばれるものでノンダイアトニックコードとして使用する事が出来るんです。

 

つまり「C、Dm、Em、F、G7、Am、Bm(♭5)」のそれぞれのコードに対して、「ドミナントモーション=繋がりの強いコード」は自然に使用出来る筈という考えです。それは「仮のドミナント=セカンダリードミナントコード」と呼ぼうという事ですね。

 

少しややこしいかもしれませんが、要するにダイアトニックコードそれぞれのコードのⅤ7は使えるよという事なので、CをⅠと考えたものは→そのままG7。「Dm→A7」「Em→B7」「F→C7」「G→D7」「A→E7」ということですね。

これって結局、元々のダイアトニックコードのⅠとⅤのスリーコードはセブンスが付いて、Ⅱm、Ⅲm、Ⅵm、(Ⅶm♭5)の代理コードはm外してセブンスが付いただけですね。

 

まとめると、

Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(♭5)のダイアトニックと

Ⅰ7、Ⅱ7、Ⅲ7、Ⅴ7、Ⅵ7のセカンダリードミナントと呼ばれるノンダイアトニックが使用出来ます。セカンダリードミナントの機能もシンプルで、それぞれ元々の機能通りになります。

Ⅰ7、Ⅵ7がトニック。
Ⅱ7はサブドミナント。
Ⅴ7、Ⅲ7がドミナント。

Ⅲ7はセカンダリードミナントに限り、トニック要素はなくなりますのでそこだけ注意しましょう。

ノンダイアトニックは代理コード感覚で使うと、ダイアトニックだけでは生み出せなかった響きが生まれるので、既存の進行に飽きた時使用してみましょう。

ただセカンダリードミナントは、元々ドミナントモーション目的で作ったものなので、ドミナントモーションする事が基本となります。

まとめ

・ダイアトニックコード以外はノンダイアトニックコードと呼ばれている

・ノンダイアトニックにも馴染むコードはあり、それれはセカンダリードミナントを利用する事で分かる

・セカンダリードミナントは「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ7、Ⅵm、Ⅶm(♭5)」のどれかを「仮のⅠ」とし、「仮のⅤ」に当てはまるもの。

・要するに「Ⅰ7、Ⅱ7、Ⅲ7、Ⅴ7、Ⅵ7」がノンダイアトニックでありつつ、馴染むコード。



-音楽理論

Copyright© DTM最後の拠り所 ~作曲初心者入門講座~ , 2019 All Rights Reserved.